玄関ドアリフォームについて|コンセント交換から始められる自宅のプチリフォームの種類
青い四角のイラスト

安い料金から依頼できる玄関ドアリフォーム

より快適な毎日を過ごす

玄関ドアは、あなたの家の顔です。玄関ドアをリフォームして、家の雰囲気を明るくし、より快適な毎日を過ごせるようにしましょう。

玄関ドアの種類

片開きドア

玄関ドアの中では最も人気が高く、料金も安いタイプが片開きドアです。小さな家でも設置することができ、デザインのバリエーションも多いことが特徴です。開口部が狭く、大きな荷物を入れにくいことがデメリットになります。

親子ドア

片開きドアと一緒に小さなドアがついているタイプが親子ドアです。普段は、片開きドアとしての役割を果たしますが、大きな荷物を入れるときなどに小さいドアも開けることで開口部を広くすることができます。

両開きドア

両開きドアは、片開きドアが二倍になったようなドアです。開口部が最も広いタイプです。飲食店によく採用されています。家の中に大きな家具を入れやすく建物自体に重厚感を出すことができます。

玄関ドアリフォームについて

玄関

玄関ドアをリフォームする利点

玄関ドアリフォームは近年、徐々に人気が高まってきています。玄関ドアをリフォームすると、様々な面で大きな改善を実感することができます。まずは見た目です。玄関ドアのデザインバリエーションは増えてきていて豊富な種類から好みのデザインを選ぶことができます。そのため、家に合ったベストなデザインを選ぶことができます。次に防犯性です。最近では、より頑丈な素材で作られている玄関ドアが多く、オートロックの玄関ドアも増えてきています。泥棒には入られにくい玄関にすることが可能です。見た目と防犯性の他にも断熱性のアップも期待できます。夏は涼しく、冬は暖かく、家の中の温度を保つような高断熱性の玄関ドアは多数販売されています。最後に採光性です。窓のついている玄関ドアを選ぶことによって、外からの光を取り入れ、明るく素敵な玄関に生まれ変わらせることが可能になります。玄関ドア1つでも、ここまで様々なメリットを得ることができるのです。

リフォームの見積もりから工事完了まで

玄関ドアのリフォームは、専門の業者へ問い合わせをすることから始めます。問い合わせをしたあとに、あなたの自宅へ担当者が玄関ドアの調査と見積もりに伺います。あなたの希望を聞き出しながら玄関ドアリフォームにかかる費用の見積もりを行い、その見積金額に納得すれば、工事の日付を決めます。工事は午前に始まることが多く、玄関ドアの種類にもよりますが、夕方頃には完了します。古いドアを取り外して、不要な部分の切り取り、枠の取り付け、ドアの取り付けを行います。工事当日は、自宅で待機する必要がありますが、一日で終わるので気楽です。玄関ドアの料金ですが、小さくてシンプルなドアだと10万円前後から取り付けることができます。高機能で大きなドアだと50万円以上かかるものもあります。専門業者へ問い合わせる前に、玄関ドアの希望はある程度決めておきましょう。防犯性、断熱性、デザイン、大きさなどを決めておくと打ち合わせはスムーズに進みます。今ではインターネットで様々な玄関ドアの種類を比較することができるので、自分の家に合ったドアを見つけることは難しくはありません。

玄関ドアリフォーム業者の選び方

玄関ドアのリフォームを行なう場合は、業者選びが肝心になってきます。業者を決めるときは、その業者の専門分野をチェックしましょう。リフォーム業者の中には、玄関ドアリフォーム専門の業者もいます。玄関ドアリフォーム専門業者ならば、総合リフォーム業者に比べて、知識や実績が豊富な可能性が高いので、安心してリフォームを依頼することができます。業者の運営年数も参考にすることができます。地域に根ざした業者であろうと、大手の業者であろうと、長く運営できている業者は、利用者からの支持が高く順調に経営を続けられている証拠になります。顧客が多いので長く運営できているということです。10年以上続いているリフォーム業者は信頼しやすいでしょう。また、複数の業者に見積もりを依頼するのも有効です。見積金額の比較もでき、担当スタッフの人柄や対応をチェックすることができます。見積金額が安くても、対応が適当な業者は、安心して依頼することはできません。見積金額が多少高かったとしても、人柄が良く、安心してリフォームを依頼できる業者を選ぶようにしましょう。

広告募集中